So-net無料ブログ作成
検索選択
去りゆく人 ブログトップ

人間の証明~ジョー山中さん(歌手)~の逝去に思うこと [去りゆく人]

  先週から今週にかけて、サッカー元日本代表の松田直樹選手が34歳の若さで急逝されたことが、TVをはじめとするメディアで大きく取り上げられていました。さらにその前には、元ALBの伊良部秀輝さんの逝去についてもかなり大きく取り上げていたようです。

 

Jyo-Yamanaka.jpg

 

 そんな中で、ロック歌手のジョー山中さんの逝去についても、ひっそりと東京新聞のお悔み欄に報じられていました。果たしてTVでは報じられたのでしょうか?私はジョー山中さんの逝去(享年64歳)の報を読み終えた後で、1977年上映の角川映画「人間の証明」を思い出しました。これは、森村誠一原作の推理小説「人間の証明」を映画化したものです。

 私はこの映画で、二つのことが深く記憶に残っていました。さすがに森村誠一氏の推理小説を映画化しただけあって、ストーリーも素晴らしいものでしたが、特にジョー山中さんが歌っていた主題歌「人間の証明のテーマ」がとても好きでした。すべて英語の歌詞で、最初は海外の歌手が歌っているのかと思ったくらいでした。この歌はカナダのFM放送でも流れていたのを聴いた記憶があります。

 深く記憶に残ったことの二つ目は、映画の中で、事件の推理の鍵ともなった西條八十の詩「帽子」でした。この詩「帽子」を読むと、もうずいぶん昔の映画なのに、「エピソード記憶」の類なのでしょうか、映画のシーンが美しい景色と共にもの悲しく鮮明に思いだされます。

「帽子」詩・西條八十

母さん、僕のあの帽子、どうしたでしょうね?
ええ、夏、碓氷から霧積へゆくみちで、

谿底へ落としたあの麦稈帽子ですよ。

母さん、あれは好きな帽子でしたよ、
僕はあの時、ずいぶんくやしかった、

だけど、いきなり風が吹いてきたもんだから。

母さん、あのとき、向から若い薬売りが来ましたっけね。
紺の脚絆に手甲をした。

そして拾おうとして、ずいぶん骨折ってくれましたっけね。

けれど、とうとう駄目だった、

なにしろ深い谿で、それに草が

背たけぐらい伸びていたんですもの。

母さん、ほんとにあの帽子、どうなったでしょう?
あのとき傍に咲いていた、車百合の花は

もうとうに、枯れちゃったでしょうね。

そして 秋には、灰色の霧があの丘をこめ、
あの帽子の下で、毎晩きりぎりすが啼いたかも知れませんよ。

母さん、そして、きっと今頃は、今夜あたりは、
あの谿間に、静かに雪がつもっているでしょう、

昔、つやつやひかった、あの以太利麦の帽子と、

その裏に僕が書いた

Y・S という頭文字を
埋めるように、静かに、寂しく。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

刑事コロンボ~ピーター・フォーク~の逝去に思うこと [去りゆく人]

 もう一ヶ月も前のことですが、刑事コロンボ役の名優であるピーター・フォークさんが、6月23日にビバリーヒルズの自宅にて逝去されたと報が、読売新聞に掲載されていました。享年83歳だったそうですが、ピーター・フォークさんは長い間アルツハイマーを患っておられ、晩年はかなり強度の症状だったそうです。

peter-falk.jpg

 

 NHK-BSプレミアムでは、追悼番組が放送されていました。

7/3:「構想の死角(Muder by the book)」

7/4:「二枚のドガの絵(Suitable for framing)」

7/5:「別れのワイン(Any old port in a storm)」

7/6:「パイルD-3の壁(Blueprint for murdur)」

 今回のNHKの追悼番組では、刑事コロンボのなかでも、特に人気もあり内容的に優れた作品を放送されたことが良く分かるものでした。私は6/3に放送された「構想の死角(Muder by the book)」は、今までに何度か見たことがありDVDにも録画してコレクションとしていました。

 この「構想の死角(Muder by the book)」が他の刑事コロンボとどことなく違った印象を抱いていたんですが、映画監督になる前のスティーブン・スピルバーグの監督デビュー作品であることが分かりました。冒頭のタイプライターを叩く音がとても印象的で、このタイトルからはタイプライターを連想するほどです。ストーリーなどは“NHK海外ドラマホームページ 刑事コロンボ 放送予定あらすじ”から引用させていただきました。

 刑事コロンボを語る上で、声優の小池朝雄さんを抜きには考えられません。刑事コロンボは字幕ではなく、日本語への吹き替えですが、これまた日本映画の名優である小池朝雄さんが声優だったのです。以前、刑事コロンボはNHKではなく、民放の日本テレビだったと記憶していますが、その時点から声優は小池朝雄さんだったのです。

 その小池朝雄さんは1985年3月23日に亡くなられています。刑事コロンボを日本語吹き替えする場合、小池朝雄さん抜きには成り立たないので、現在でもNHKは小池朝雄さんの日本語吹き替えをそのまま放送しているのだと思います。私も刑事コロンボ役の声を小池朝雄さん以外だったら、おそらく観なかったことと思います。それだけに、刑事コロンボ(ピーター・フォークさん)と小池朝雄さんはぴったり重なっていたのです。

小池朝雄.jpg

※日本語吹き替え:小池朝雄さん

 因みに私の刑事コロンボのコレクションは、「構想の死角」以外に下記の4タイトルです。

①歌声の消えた海(Troubled waters)

②指輪の爪あと(Dearth lends a head)

③権力の墓穴(A friend in dead)

④野望の果て(Andidate for crime)

 いずれも、日本語と英語のタイトルとはかけ離れていますが、日本語のタイトルは不思議にも良く考えられた、ピッタリのタイトルだと思っております。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
去りゆく人 ブログトップ