So-net無料ブログ作成
検索選択
スポーツ ブログトップ

第83回都市対抗野球~東京ドーム~ [スポーツ]

blogDSC09742.jpg

 ※夕暮れ間近の東京ドーム周辺

第83回都市対抗野球は、東京ドームにて13日(月)から24日(火)まで行われ、決勝戦の今日(24日)、JX-ENEOSがJR東日本に6対3で勝ち、優勝したようです。

blogDSC09746.jpg
※応援風景 チアーガール

私は16日(月)のホンダ(狭山市)対TDK(にかほ市)の試合と、19日(木)のホンダ(狭山市)対東芝(川崎市)の試合の応援に行きました。

DSC09745a.jpg
※ホンダの応援風景
DSC09755a.jpg
※ホンダ(狭山市)の応援風景
DSC09756a.jpg
※TDK(にかほ市)の応援風景
blogDSC09784.jpg
※バッターボックスに立つ西郷選手
西郷選手のホームラン.jpg
※3ランを打った瞬間の西郷選手(毎日新聞より転載)
DSC09764a.jpg
※ホンダ応援風景(チアーガール)

16日(月)の第一戦は、ホンダ(狭山市)が5対3でTDK(にかほ市)に勝利しました。ホンダの得点は1回裏の西郷の3ランと4回裏の長島の2ランによるものでした。それにしても、ホンダの狭山市もTDKのにかほ市も、都市対抗野球に出場しなければ、縁のある人以外は殆んどの人が知りえない都市ではないかと思われます。それがまた、都市対抗野球のプロ野球や高校野球にない妙味ではないでしょうか。

DSC09793a.jpg
※最終スコアボード
DSC09794a.jpg
※試合を終えて
blog長谷川監督のインタービ.jpg
※ホンダ(狭山市)の長谷川監督の勝利インタビュー

19日(木)の第二戦は、東芝(川崎市)がホンダ(狭山市)に3対0で勝利しました。東芝は下馬評では優勝の最有力候補だったと思いますが、第三戦でJR東日本に3対0で敗戦しました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

年を忘れて~第10回 狭山シニア・コミュニティ・カレッジ(通称:SSCC)体育祭に参加して [スポーツ]

 

aDSC05399.jpg
※SSCC15チーム370人の選手団

 

10月8日(土)、第10回狭山市シニア・コミュニティ・カレッジ(通称:SSCC)体育祭が、狭山市智光山公園内の狭山市総合体育館で開催され、私もSSCC生きがい学科の一受講生として、初めて参加いたしました。

bDSC05433.jpg

 ※全体体操

SSCCは、高齢者がこれまで培った能力や技術の更なる探求、社会の変化に即した新たな知識や技術を習得する場です。

bDSC05463.jpg
※生きがい学科 ボール送りの選手団

 

1年を通して語学やパソコンなどの学科に分かれ学習を行っています。

bDSC05457.jpg
※ボール送り

 今回の第10回体育祭は、15学科370人が参加して行われました。

選手宣誓で「歳を忘れ 今日一日頑張ることを誓います」とありましたが、その宣誓通りに皆さん本当に歳を忘れて競技に熱くなっていました。このエネルギーは周りの雰囲気に自然と醸成されるのかもしれません。

aDSC05470.jpg
※輪投げ
bDSC05506.jpg
※午前の部の終わりのダンス
aDSC05533.jpg
※アトラクション ダンス音楽に使用されていた氷川キヨシの「虹色のバイヨン」に癒されました。
aDSC05538.jpg
※ハネムーン
aDSC05483.jpg
※2人仲良く
aDSC05556.jpg
 ※玉入れ、同時に一個以上持つことはできないルールでした
bDSC05528.jpg
※生きがい学科のメンバーです

 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

明るいNEWS(その1) 最年少勝利 愛ちゃん抜いた 東京新聞(1/20朝刊)の記事から [スポーツ]

 新聞記事やTVのNewsから、明るい話題がめっきり減ってから久しくなりましたが、今日の朝刊(東京新聞)ではめずらしく明るい話題が二つもありましたのでご紹介しますね。
 そのうちのひとつは最年少勝利 愛ちゃん抜いた”という卓球のニュースです。朝起きてメールを開いたら、消費生活アドバイザーの友人から、下記のメールが届いていたことで知りました。

 おどろきましたね~
 先日のあすか倶楽部で松下幸之助さんは小学校4年生しか出ていないと申し上げました。が、今朝の新聞を見ると小学校4年生の女子が2人卓球の選手権で大学生相手に初勝利を挙げたという。驚きましたね~。ゴルフの石川遼も20歳ですか、若いのに堂々とインタビューに応じてる。今の若い人は凄いですね~。私はこないだのあすか倶楽部での話にもどぎまぎしていたのに。お忙しいところを年寄りの世迷いごとでした。失礼しました。

 私も驚きましたね~。今日の試合で伊藤美誠ちゃんが2回戦で、平野美宇ちゃんが3回戦でそれぞれ惜しくも敗退してしまいましたが、どちらも涙を流して負けたことへの悔しさをにじませていたことでした。そしてオリンピックでは金メダルを取るという目標を掲げていることにでした。
 この2人の他に、ゴルフの石川遼選手やプロ野球の斉藤祐樹投手などの頼もしい若者がいることを思えば、現在、日本はあらゆる面において閉塞感に陥っていますが、まだまだ捨てたものではなく、明るい希望が持てるんだということを確信した次第です。
 卓球最年少10歳で勝利a.jpg

 

 卓球の全日本選手権第2日は19日、東京体育館で行われ、女子シングルス1回戦でともに10歳の平野美宇(みう=ミキハウスJSC山梨)と伊藤美誠(みま=豊田町スポーツ少年団)が勝ち、福原愛(ANA)が11歳でマークしたシングルス最年少勝利記録を11大会ぶりに更新した。10歳2カ月の伊藤が最年少記録になる。 

 伊藤は19歳の松田亜由美(東北福祉大)を3-1で破り、10歳9カ月の平野は17歳の市原芹菜(高知・明徳義塾高)に3-0で快勝した。平野は神山瑶(やお=山梨信用金庫)とペアの女子ダブルス1回戦も勝った。

 混合ダブルスは2連覇を目指す松平健太(早大)石川佳純(ミキハウスJSC)組が吉田海偉、小西杏組(フリー)とともに準々決勝に進出。ジュニアの部のシングルスは男子で2連覇を狙う丹羽孝希(青森山田高)がベスト16入りしたが、女子で平野は4回戦、伊藤は2回戦で敗れた。

 2人の小学4年生は多くのカメラに囲まれながら伸び伸びとプレー。女子シングルスの最年少勝利記録を塗り替えた。

 大学1年生を3-1で倒した伊藤は「もうちょっと強いかなと思っていた」と余裕の表情。「最初から声を出して、(点を)取られても自分で切り替えられた」。高校3年生にストレート勝ちした平野も「けっこう相手も強かったけど、焦らずにできた」と頼もしく言い切った。

 自信の裏付けはすぐれた技術にある。伊藤はサーブでエースを連発。母の美乃りさん(35)によれば「ナックルや下回転など24種類ある」という武器だ。平野は史上最年少で出場した前回大会よりフォアが上達。中国出身の陳莉莉コーチは「年上相手でも攻められるし、粘れる。総合的にレベルアップした」と評する。

 2人はともに静岡県生まれ。現在、伊藤は同県磐田市、平野は山梨県中央市の学校に通いながら、将来の夢を「世界チャンピオン」(伊藤)「五輪で金メダル」(平野)と描く。22歳の福原、17歳の石川らが幼少時から活躍するのを見て、年上に勝つのも、世界一を目指すのも当然と受け止めている。日本女子の底上げは着々と進んでいる。

卓球最年少10歳で勝利.jpg

※東京新聞(2010.1.20朝刊)の記事をそのまま掲載


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
スポーツ ブログトップ