So-net無料ブログ作成
検索選択
Awareness ブログトップ

身体の入眠ポイントを探る試み : 私の健康法(その2) [Awareness]

Gaspe_ページ_10a.jpg
※カナダ・ケベック州のガスペ半島(セント・ローレンス川が大西洋に注ぐ河口付近)に行った時の写真です。
 
 人体の皮膚の表面には、形として目で見ることはできませんが、東洋医学では約360個のツボ(経穴)があるといわれています。これらのツボを刺激することにより、肩こり、車酔い、歯痛、花粉症などに効果がありす。これらの効果について、一つひとつ取り上げてもキリがありませんし、本とかインターネットやテレビでもかなり取り上げられていますので、ここでは省くことにします。
 
 今回、このテーマで取り上げた“入眠ポイント”という言葉が、既にあるかどうかは定かではありませんが、眠りを誘うツボということで、勝手にその名前で呼ぶことにします。私たちは夜、床についてから自然に眠りに入ることが理想的で、健康的でもあります。しかし、不眠症とまではいかなくても、自然に眠りに入ることができないことが時々あります。
 私は、身体の皮膚の表面にあるツボを刺激することで、入眠を誘発することができないだろうかと考えたことがあります。私の体験では、浪越式基本指圧を受けることにより、不眠症の効果もありますが、何時でも何処でもという訳にはいきません。しかし、浪越式基本指圧のなかの一部で、自己指圧という自分自身を自分で指圧するものがあります。これは自己指圧ですから、何時でも何処でもできます。

 今回は浪越式基本指圧の自己指圧を一部応用した形で、入眠法を試みてみました。
1)両手を顔に軽く被せるように置き、人指し指、中指、薬指の指先をまゆ毛の上に乗せるようにします。
この場合、入眠時幻覚、つまり覚醒の状態で夢をみている様な状態になる時もあります。顔面には様々なツボが多く集っているための効果だと思われます。
頭部.jpg

2)横になってわき腹を上にして、第12肋骨と骨盤の間(やや腹部寄り)に親指の指紋部を軽く乗せます。このツボは経穴でいうと、胆経の帯脈に当たります。体のコンディションにもよりますが、親指を乗せた部分がひんやりとした感覚になり、気持ち良くなり眠りに誘われます。これは、ソファに横になって昼寝する時などに良いかと思います。
体幹(前・側).jpg

3)多くの方が知っているツボで、合谷というのがあります。親指と人指し指の付け根付近で、人指し指側の凹んだ部分で、強く刺激するとピリッと響く所です。ここに親指の指紋部を軽くあて続けていると、自然と眠くなります。緊張感で眠れない時は、この部分が張り気味になっています。これは電車の中でひと眠りしたいけど、眠れない時などにも効果的です。合谷というツボは、大腸経の経穴なので、腹が張り気味の時や歯痛を押さえる効果などもあります。
合谷.jpg

4)足のふくらはぎ全体、または、ふくらはぎ(腓腹筋)の外側で膝が折れ曲がる所の下辺り、つまり足の三里と同じ高さの部分を、親指で軽く広めの範囲に圧すと良い。ここは経穴でいうと、脾経の陰陵泉または肝経の膝関あたりかと思われる。
下肢.jpg

5)最後は浪越式基本指圧で、自己指圧の中の腹部指圧が最適であるが、自分の経験では、腹部一点目である“みぞおち”の部分に両手の三指(人指し指、指、薬指)の先を立てながら、軽く乗せ続けると良い。経穴でいうと、任脈の鳩尾から上脘にあたる。

 親指の圧の強さは、自律神経の副交感神経が優位になるように、静かに息をゆっくりはきながら軽く圧すことが重要である。強い圧を加えると、交感神経優位になって身体活動が活発になり、脳が覚醒して返って眠れなくなる恐れがあるので、注意が必要である。

 最後に、心地良い自然な眠りを迎えるには、就寝前に、熱い風呂や辛い食べ物(深酒も含む)など、皮膚に強い刺激を与え、神経過敏になることを避けるべきである。特に入浴は、半身浴でぬるま湯に15~20分入ると、体の芯まで温まり、長く湯冷めすることもなくリラックスできる。

 以上、私が実際に試みた結果、効果が見られたものの代表を5つ取り上げました。但し、この方法が誰に対しても当てはまるとは思いませんが、何かのヒントになれば幸いです。 人体は医学が飛躍的に進歩した現在でも、未知の領域が未だ残されている様に思われます。私たちの体の表面の皮膚には、約360個のツボ(経穴)以外にも体の何かの機能を起動する不思議なスイッチみたいなものが多数埋め込まれている様な気が致します。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

気づき シンプルな生活で健康を実現する下着類の洗濯と食器類の洗浄について [Awareness]

100993.jpg

トロントで生活するようになってから、生活パターンの幾つかを、自然の流れの中で変えてみたものがあります。それらは何れも健康に影響を与えることであり、今までのところ良い結果が感じられます。

人はどんな場所で暮らしていても、日常生活の中では衣類の洗濯と食事のための食器類の洗浄は欠かせないルーチンワークである。
もちろん、全てを外食やクリーニング屋さんに頼っていると人は、 これらについて何も心配する必要はないであろうが、健康に関してはまったく無関係とは言えないと思われる。

はじめに直接肌に触れる下着類の洗濯について実行したことがある。日本では化学洗剤を全自動洗濯機に入れて洗ってもらっていたが、トロントで生活するようになってから、思いきって洗剤の使用を止めて、お湯洗いに変えて見た。それはアパートの共用ランドリールームでも、自室のバスルームでの洗濯でも同じである。こちらは1年を通して湿度が低いために、激しい運動や仕事をしない限りは、特に汗をかくことは少ない。だから、汚れ以外はお湯洗いだけで変色も臭いもなく、着心地も快適である。
このことが健康にどう影響するのかと云えば、今まで洗剤を使った下着類を身につけた場合、時々かゆみが発生したり、体の一部にアトピーのような湿疹ができ、火傷の跡みたいに赤く晴れ上がることがしばしば見られた。つい最近までは環境の変化や精神的なストレスの影響によるものと思っていた。
しかし、洗剤の使用を止めてお湯洗いに切り換えてから、湿疹の跡形もきれいに消えて、肌のかゆみもなくなった。
環境の変化による精神的なストレスは、日本の比ではないと思われるので、洗剤の使用を止めてお湯洗いに切り換えた効果だと確信するに至った。

◎追記(June20/2010) :注意すること
 お湯洗いで注意すべきことは、脱いだ下着類は翌朝までとか、長く放置せずにできるだけ脱いだ時点でその日のうちに、お湯につけることである。(2時間ぐらい)
 長く放置してしまうと、汗や臭いが繊維の内部まで染み込んでしまい、お湯洗いだけでは落ちない恐れがある。また、必要以上にお湯につけていると、再度繊維に溶け出したものが戻る恐れがあるので、お湯が完全に冷めるまでに絞って乾かすことが重要である。

次に食器類の洗剤についても、基本的にはお湯洗いで済ませている。しかし、油汚れや焦げ付き、食材のアカによる汚れ等による食器類は、いくら時間をかけても完全には洗浄出来ないので、最初は植物性の洗剤を使っていた。
ところが、ある日偶然、クリニックの隣のビル(Exchange Tower)のコンコースレベルにある食器屋(TOSS & SERVE)で、ドイツ製の“Universal Stone”と称するワックス状の洗剤を発見し、“Special Sponge”と共に買った。
228.jpg


値段はスポンジ3個と合わせて、$40と高いものであったが、ドイツ製を信頼しての決断であった。実際に使ってみると、しつこい油汚れに対する効果はかなりあることがわかった。
説明書をみると、食器類の洗浄だけでなく、バスタブや台所のシンクはもちろんのこと、フロアーやクルマ或いはクリスタルまでもと、用途はかなり広いようです。
universal stone.png


この商品の情報は下記のURLに掲載されています。
www.universalstone.ca

The Eco-friendly cleaning & polishing Stone
universal stone.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

気づき 白髪ぼかしを止めて、ありのままの自分を生きる [Awareness]

 トロントで生活するようになってから、生活パターンの幾つかを、自然の流れの中で変えてみたものがあります。それらは何れも健康に影響を与えることであり、今までのところ良い結果が感じられます。

 その中の一つは、2006年4月から日本指圧専門学校に入学と同時に、学校に行く途中の文京区小石川の理容院で、白髪ぼかしを月1回の割で、昨年末迄の約4年間に渡り続けて来た。
日本指圧専門学校の1年の終わり頃、解剖学の特別授業でK歯科大学のA教授が、「髪を染めることにより、髪の繊維細胞にダメージを与える。また、脱色する時も著しいダメージを与える結果、髪が細くなり抜け毛も著しくなる」と話されたことがあった。
3年になった頃、国試勉強などによるストレスも重なり、髪に異変が現れてきた。だんだん髪が細くなり、抜け毛はそれほどあるとは思えなかったけれど、地肌が見えるようになり、風を気にするようになった。奈良に住む5才の孫も「最近、おじいちゃんの髪が少なくなってきたね」と妻に言ったそうである。

 理容院の主人曰く、「白髪染めや白髪ぼかしには微量の鉛が混ざっている」とのことだった。先のA先生の話も含めると、やはり白髪ぼかしは、髪に有害だったのだと思いながらも、昨年末までズルズルと使い続けてきたのだった。

 今年の1月より、トロントで生活するようになったことで、今までのように白髪染ぼかしをする機会がなくなってしまった。トロントだって探せば、白髪ぼかしぐらいあるのだろうけど、そのような気持ちは失せてしまっていた。それでも、自然脱色が気になったので、日本から妻が持参していた植物性の白髪染めを2回ほど使用してみたが、やはり素人がやるのでは見栄えも悪く、何よりも面倒くさいので、それ以降は使わなくなってしまった。

 日本に一時帰国する前の、2月末に自分が働くクリニックの近隣のビル(First Canadians Place)のコンコースにあるTony's Placeという名のイタリア人経営のオーナーに散髪をして貰って以降、何となく髪が増えてきたような感じがしてきた。
_MG_2906_tonys_place.jpg

 3月中旬に帰国した折、妻が「最近、お父さんの髪が黒くなってきたみたい」と言ったので、「そんな事はないよ!それは冗談だろう?」と言ったら、妻は「そんな事で冗談を言うわけないでしょう」と言ったがそう簡単には信じられなかった。
3月下旬にトロントに戻ってからしばらく経ち、鏡に映った自分の頭髪を見た時、妻が言ってた通り黒い髪が増えて、髪のボリュームも以前より増して来たような気がした。これまでイタリア人理髪師に3回お世話になったが、その都度に髪のボリュームが増して来たような気がするので、「もしかしたら何かしらのマジックでも使っているのかも知れない」と思ったりした。

しかし、これは決して偶然でも奇跡でもなく、微量ではあるが鉛が混じった白髪ぼかしを止めてから約3ヶ月が経っており、その毒性が体内から除去または薄れてきたことにより、育毛に良い環境が与えられてきた結果なのかも知れない。
白髪ぼかしで実年齢より少しでも若く見せるための取り繕いは、やはりどこかで綻びがなんらかの形で露出するものである。
 それよりも、人目をあまり気にし過ぎることなく、ありのままの自分でいることが、健康的にも精神的にもいい事だと感じた次第である。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

気づき 横たわり、目を閉じたら… [Awareness]

 最近、ベッドに横たわり眠りに就く時、目を閉じて深呼吸をしながら自然に眠りに入る習慣が身についたような気がする。時々、目を閉じた時に感じる時がある。それは、今現在、実際に横たわっている場所はトロントのアパートの一室である。しかし、目を閉じた瞬間、今自分は日本の自宅の一室のベッドに横たわっていると感じる時がある。或いは、少年時代を過ごした遥か遠い昔の故郷の家の布団の中や、空を眺めながら寝ころんでいた草の上など、時空を超えてその場所に横たわっている自分を感じることがある。
 
 とてもうまく表現できないが感情が半意識的にコントロールされているのかもしれない。
そのような時に感じることは、「自分にとって一番大事なものは何だろうか?」ということについてである。それは、お金でも広い豪邸でも、高級車、地位や名誉でもない。こうして何の制約もなく、ゆったりと横たわることができるためには、心身ともに健康でなければ、決してできないことで、無限の健康こそが自分にとって一番大事なものであることを意識させる。もちろんそれは、自分だけでなく妻や子供たち家族をはじめとする、自分を取り巻く全ての人々も含まなければならない。
 
 それ以外の大事なものとして、安全であるていど静かな環境と空調の部屋(自然の空調であれば更に良い)と心地よい眠りができるベッドと枕をはじめとする寝具が必要である。(※これは良く考えてみると、とてもぜいたくなことではあるが…)今の環境と空調、寝具はその条件を十分に満たしているので、自然にそのような感情に入ることができるのではと思う次第である。

highpark.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

気づき “ミトコンドリア・イブ” 自分は繋がっている [Awareness]

 朝、Davisvill駅から電車に乗ったとき、めずらしく席が空いていたので座ることができた。しばらく目を閉じて深呼吸をしながら瞑想した。次の駅のSt.Clarの手前で目を開いたら、同じ車両に乗っている人々の全てがとても優しく感じられた。その時、「自分はこの人たちと繋がっている」という不思議な感情が、突然閃いた。同じ車両に乗り合わせている人々はそれぞれ肌の色が異なり言語も異なるマルチカルチャーの世界である。しかも、年齢もそれぞれである。 なぜかこのような感情を抱いたのは今までに一度も経験がなかった。その感情はSt.Andrew駅を降りてからも変わらなかった。
 
 この心穏やかな感情からは、他人に対する警戒心、増悪な心、嫉妬心、確執、羨望は恐らく湧いて来ないであろうと思われる。更には、遠く離れた日本の人々に対しても、時空を隔てた過去の人々に対しても、その感情は変わらないような気がする。

 この感情の変化を考えてみると、自分と自分を取り巻くこの人たちは、この地球の、この宇宙の一部なのだから、当然と云えば紛れもなく当然のことかも知れない。人類の始まりに遡れば、私たちの共通の祖先、20万年前にアフリカ大陸で各人種の分岐が行われた時に、その分岐の地点にいたミトコンドリア・イブ」に辿り着くのだから。
TTC07-2.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

不思議な夢 何かの前兆が現実に [Awareness]

不思議な場所で不思議なデザインの電車に乗っていた。
場所は見覚えのある場所なのだが思い出せない。
電車は新幹線でもなく、西武特急電車の小江戸号に似たデザインとカラーだが、
どうも一寸違うようだった。
流線型の特急電車の先頭車両の運転席のすぐ後にある席に座っていた。
座席のシートはリビングルームのソファのようにふんわりとした感じで、
乗客はみんなくつろいでいるようだった。
しかも運転席との仕切りはあるのか無いのかはっきりしない。
乗客の殆どは顔見知りであるが、夢の中で話をしたOさんとアメリカに駐在しているはずのEさん以外は、思い出せない。

知っている場所の駅だけど、地名も駅名も思い出せない駅にその電車は止まった。
大勢の人が乗って来て、お茶を飲んだり、食事をしながらおしゃべりをしている男女。
電車の中でありながら、会社の社員食堂のようでもあり、カフェショップのようでもあった。
やはり何処かで見たことのある顔見知りであるが、誰一人として思い出せない。

自分は大勢の乗客が座っている電車の、先頭車両から最後尾の車両の間を何かを或いは誰かを探すかのように、行ったり来たりしている。
最後尾の車両は、屋根が無く砂風呂のようになっていて、自分はいつの間にか、両足を砂に埋めて、上から砂をかけていた。
しかし、殆ど暖かさは感じられなかった。
ふと顔を正面に上げると、少年時代を過ごした故郷の山々が視界に広がり、左前方に夕日が若干まぶしく差し込んでいた。
故郷の神々が住む山波.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
Awareness ブログトップ