So-net無料ブログ作成
検索選択
環境問題 ブログトップ

映画:「沈黙の春を生きて」を観ました~レイチェル・カーソンの“沈黙の春”より~ [環境問題]

 10年前、消費生活アドバイザー資格の受験の事前講座(環境問題)で、レイチェル・カーソンの「沈黙の春"Living the Silent Spring"」について講義を受けました。また、この書物も購入して読んだことがありました。ボランティアも含めて環境問題に携わる者は、多少なりともレイチェル・カーソンの人物像や「沈黙の春」が出版された頃の時代背景等を理解しておく必要があると思います。

 今日、古書店街の連なる神保町の岩波ホールにて「沈黙の春を生きて」を観ました。これは全篇にわたり、今もPTSD(心的外傷)と枯葉剤被害の後遺症に苦しむ、ベトナム戦争のアメリカ人帰還兵とその家族及びベトナム人を取材したドキュメンタリー映画です。予想に反して平日の昼間にもかかわらず、60%程度の席が埋め尽くされていました。

沈黙の春を生きて(1).jpg

※ここをクリックしてください → 沈黙の春を生きて - goo 映画

沈黙の春を生きて(2).jpg

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

身近な自然の不思議なできごと [環境問題]

DSC_0063a.jpg
 
 今朝、いつものように自宅マンションの裏手にある雑木林を散歩していたら、この時期に今までになかった不思議な現象に遭遇した。夏も終わりに近づき、蝉の鳴き声はずいぶん弱々しくなったものの、まだ雑木林の中で響き渡っている。その蝉の鳴き声に混じって、まだ青々としたドングリの実が葉っぱを2、3葉付けたまま、ポタポタと音を立てて地上に落下しているではないか。それが不思議であると共に、何となく不安な気持にさせる現象に感じられる。
 
 雑木林の中に続く散歩道、その両脇に立ち並ぶどんぐりの木々の根もとの周囲はどこも同じく、このように葉っぱを付けた青いままのドングリの枝が、散歩道の路面が隠れてしまうくらい落ちているのである。しかも、歩いている矢先から自分の帽子の上や、靴などにポタッと音をたてて落下してくるのである。散歩の途中、その幾つかを拾い上げて顔に近づけて観察してみる。そのどれもが直径1ミリ前後の枝で、ちぎれて地上に落下しているのであった。その切断面は鋏で切断したような面ではなく、ノコギリで切ったような面、若しくは針金を何度も何度も折曲げている内に、プツンと切断されたような面にも似ている。

 そのような切断面を残したまま広い雑木林全体に、いくつもいくつも切り落としている犯人はいったい何者だろうか?できることなら、どんぐりの木によじ登ってその犯人を突き止めたいとも思うが、昔の少年時代のような身軽さとエネルギーは既にないので、残念ながら木によじ登って確認することはできない。その犯人の想定は、この夏としては珍しく雷雨を伴った雨が大量に降り続いたので、大量発生した外来種の虫か小鳥が、餌としてこのどんぐりを枝ごと切り落としているのではないかと想像を巡らすことしかできない。

さらにはもっと不吉な想像力が、散歩の途中で湧き起こってくるのである。それは、木々が大地震などの自然災害を予知して少しでも種を保存するために、木々自らが自分の細胞組織をコントロールして、切り落としているのではないか、或いは強烈で連続的な落雷音の音波の震動による揺さぶりで、切断されたのでは?と、実にあり得そうもない奇想天外な思いを巡らせ、木々の上を時々見上げながら歩き続けた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
環境問題 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。