So-net無料ブログ作成

◆那須北温泉~映画:テルマエ・ロマエのロケ地~ [小さな旅]

那須北温泉は、駐車場から約10分歩いたところにあり、温泉旅館以外は民家も何もない、奥深い緑の谷底にありました。

6.jpg
8.jpg


 一番古い建物は安政5年に建てられたそうです。外観も室内も調度品もレトロそのものでした。豊かな源泉のおかげで、たっぷりとお湯が溜められたプール温泉や天狗の湯など色々な24時間の湯場がありました。

5.jpg
7.jpg
2.jpg

1.jpg


 映画:テルマエ・ロマエのロケ地だっただけに若いカップルなど、お客さんに溢れていましたが、その割にはとても静かな雰囲気でした。

4.jpg
9.jpg

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

◆昭和を思わせるレトロな那須の温泉宿‘雲海閣’ 意外なサービス [小さな旅]

◆那須温泉 昭和を思わせるレトロな温泉宿‘雲海閣’ 意外なサービス
1週間前のこと、那須温泉の雲海閣に‘浪越温泉倶楽部’の若者たちに誘われて土日を過ごしました。
素泊まり専門の温泉宿、あまり商売気がなくシンガーソングライターの‘なぎら健壱’にうりふたつの主人の風貌は、何となくこの温泉宿にぴったりでした。
このレトロな温泉宿で意外だったのは、無線LAN環境(NTT東日本フレッツ光?)があり、iPadでインターネットがサクサクと使えたことでした。

10291840_641641215917318_986329119084746778_n.jpg
10353121_641641209250652_256396746676851314_n.jpg
10289928_641641195917320_4399929306304690591_n.jpg
1507692_641641192583987_6727131399947221131_n.jpg
10268531_641641185917321_2171700609667181191_n.jpg

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本最南端の始発・終着駅 「太陽とカツオの町」枕崎(鹿児島県)にて [小さな旅]

もう既に去年の秋(10/27)の出来事になってしまいました。
カナダ・トロント在住のソプラノ歌手ロードリー・柳田孝子さんのコンサートに鹿児島県の枕崎へ行きました。
枕崎は森進一の「港町ブルース」の歌詞の一節にあったような気がしますが、「太陽とカツオの町」をキャッチフレーズにしているだけに、太陽が燦々と輝いていました。
ここは陸の孤島というべきか、鹿児島空港から路線バスで1時間45分もかかりました。
帰りはコンサート会場からバス停まで市役所の公用車?(ライトバン)で送ってもらった時は、もう一度ここを訪れたいという気持ちになりました。これもひとつの ‘お・も・て・な・し’ かも知れませんね。

DSC01539fb.jpg
 カツオ漁の風景(看板)
DSC01536fb.jpg
南国を思わせるハイビスカス?
DSC01537fb.jpg
枕崎駅の入り口にて
DSC01534fb.jpg
枕崎駅
DSC01571fb.jpg
枕崎港
DSC01554fb.jpg
枕崎港
DSC01550fb.jpg
枕崎港
DSC01580fb.jpg
お店の看板 「小間物」って良いなあ~


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

富士山の最高峰、剣が峰3,776mに立つ [小さな旅]

8月23日(木)~24日(金)、念願の富士山頂に登ることができました。両日とも好天気に恵まれ、最高の登山日和となり、おかげ様でご来光も拝むことができました。

aDSC00200.jpg

※ご来光前、ちょうど大きな雲が出て、邪魔な感じもしましたが・・・

aDSC00204.jpg

※大きな雲を押しのけるように、ご来光が・・・

aDSC00217.jpg

※ジグザグの下山道をかけ下る人々

aDSC00220.jpg

※同上

aDSC00222.jpg

※同上

aDSC00223.jpg

※ご来光に輝く雲海と日本アルプス連峰

aDSC00225.jpg
※雲海と樹海と自衛隊演習場
aDSC00226.jpg
※山頂付近の雪渓
aDSC00246.jpg
※山頂から火口を望む
aDSC00250.jpg
※火口の壁にへばりつく雪渓
aDSC00251.jpg
※富士山最高峰、剣が峰を望む
aDSC00257.jpg
※富士山中腹の宝永山を見下ろす
aDSC00274.jpg
※富士山最高峰、剣ヶ峰を目指し登る人々の群れ
aDSC00276.jpg
※日本最高峰(3,776m)を示す剣ヶ峰の石碑で、記念写真を撮るために待っている人々の群れ
aDSC00291.jpg
※日本最高峰、剣ヶ峰の石碑で
aDSC00297.jpg
※山頂から日本アルプス連峰を望む
aDSC00306.jpg
※雲海と樹海と自衛隊演習場
aDSC00310.jpg
※日本アルプス連峰を背景に

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

富士山に咲いていた山野草 [小さな旅]

blogDSC09880.jpg
※クルマユリ

富士山の五合目(2,305m)から六合目(2,390m)に至る登山道の脇に山野草が咲いていました。これらの山野草の名前は殆んど分かりませんでした。

blogDSC09883.jpg
※クルマユリ

厳しい自然ながらも清らかな空気のなかで咲く山野草は、健気さのなかに美しさも併せ持っているように感じられました。

blogDSC09866.jpg

※オンタデ

blogDSC09886.jpg
blogDSC09887.jpg
※クルマユリ
blogDSC09888.jpg
※園芸店にあるような自然の「寄せ植え」
aug1DSC09891.jpg
※山頂に向かって火山灰の上に群生
aug1DSC09854.jpg
※同上
aug1DSC09865.jpg
※岩場に咲いていました
aug1DSC09899.jpg
※ばら
aug1DSC09900.jpg
※ばら

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

愛犬と登った富士山六合目(2,390m) [小さな旅]

 

blogDSC09843.jpg
※一瞬だけ見えた雪渓、すぐ霧に隠れてしまいました
*

昨日(30日)、朝起きてから何となく思いつきで、富士山の六合目まで登りました。でも、「登りました」と言うのでしょうか?六合目までは登山というよりハイキングそのものですね。それでも2390mの高さがあります。

blogDSC09842.jpg
※僅かですが富士山の稜線を観ることが出来ました

来月23日、24日の両日に富士登山を計画していますので、その下見でもありました。特に川越IC~関越自動車道~圏央道~中央自動車道河口湖IC~富士スバルライン~五合目までのルートと駐車場の確認のためでした。

blogDSC09848.jpg
※五合目の登山道入り口です

自宅から五合目の駐車場までは約130kmと比較的近い距離で、中央自動車道の談合坂SAで小休憩で愛犬のトイレと運動も兼ねてのことでした。SAにはスターバックスも併設されていたので、いつも通りブレンドのホットのトールサイズを注文しました。

blogDSC09851.jpg
※五合目から六合目に向かう人々

休憩後、中央自動車に再び戻り、大月JCで河口湖方面に向かい河口湖ICで降り、すぐのところに富士スバルラインの入り口がありましたが、料金所は数キロ走った途中にありました。驚いたことに料金所の手前350mにわたり、メロディーポイントがありました。道路の上を走行すると、なんと「富士の山」のメロディーが奏でられたのでした。

blogDSC09872.jpg
※六合目に辿りつきました

富士スバルラインはわりと緩やかなカーブのつづら折りの道路で、一合目あたりは青木ヶ原樹海と同じ広葉樹の林が両脇に、青々とというより黒々と広がっていますが、五合目近づくにつれモミの木のようなような針葉樹林に変わり、木の高さが次第に低くなり、低山植物が点在するような風景に変わり、真夏でありながら外気温は23℃ぐらいになり、エアコンを止めて窓を開けるとひんやりした空気がミストとともに気持ち良く流れ込んできました。

blogDSC09862.jpg

※上から降りてきた冷たい霧の中を歩く人たち

五合目手前2kmのところで、駐車場待ちのために約1時間近く止まっていましたが、交通整理のスタッフが手際よく、駐車場の空き情報を確認しながら通してくれていたのです。駐車場は思った以上に美しく管理されていて、しかも無料の駐車場でした。

blogDSC09901.jpg

※五合目駐車場脇の針葉樹林

車を駐車してから階段を上がると、ちょっとしたヨーロッパの繁華街と見間違うほどのレストハウスや売店が立ち並び、登山客でごった返していました。私たちはレストランに併設された売店で、焼きオニギリを買って外のベンチで食べました。愛犬がいるのでレストランは利用できませんが、費用と健康の面でプラスに貢献です。

blogDSC09903.jpg
※ヨーロッパ風なレストハウス

五合目(2,305m)から六合目(2,390m)までは、最初の半分の泉ヶ滝までは登るというより下りに近い平坦な広々した登山道でした。泉ヶ滝から石畳の多い急な坂道になり、息苦しさを感じました。六合目には駐在所があり、おまわりさん曰く、犬を抱いて登って来る人は珍しいと言って笑っていました。私は登山靴ではなくサンダル履きで、歩くのが嫌な愛犬を抱いての登山だったのですが、それほど苦にはならない六合目までの富士登山?でした。

blogDSC09880.jpg

※六合目に向かう登山道脇に咲いていました


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

潮干狩り [小さな旅]

DSC09564a.jpg

 

先月下旬、愛犬が縁で家族付き合いが始まった友人から潮干狩りの誘いがありました。潮干狩りの場所は、千葉県木更津市の江川海岸でした。朝9時、自宅前に友人がホンダ・オディッセイで出迎えてくれました。

DSC09565a.jpg

関越自動車道 川越ICから所沢方面に向かい、大泉JCから首都高に入りました。首都高をしばらく走ると、開業したばかりのスカイツリーが右手にそびえていました。車は、やがて羽田空港方面に向かい、東京湾アクアラインに入りました。
DSC09566a.jpg
※潮干狩りの途中に利用できるトイレ専用船です。
 
アクアラインのトンネルから出たところの「海ほたる」にてトイレ休憩をしながら、羽田空港に次々と離着陸する飛行機をしばらく眺めていました。
DSC09567a.jpg
※どこまでも続く遠浅、とても広い場所でした
DSC09569a.jpg
※友人夫妻を写す
DSC09570a.jpg
※木更津自衛隊のヘリコプターが潮干狩りの頭上を通過
DSC09573a.jpg
※木更津自衛隊の基地方面に飛び去りました
DSC09574a.jpg
※広々した遠浅なので渡し船で移動
DSC09577a.jpg
※遠浅の向こうには貨物船が頻繁に行き来していました
DSC09578a.jpg
※渡し舟が通過する水路
DSC09579a.jpg
※木更津の化学コンビナート群
DSC09580a.jpg
DSC09581a.jpg
※渡し舟のスクリューの波
DSC09583a.jpg
※アクアラインのブリッジが見える
DSC09585a.jpg
※同じくアクアラインの「風の塔」も見えました
DSC09592a.jpg
※突堤と橋げたにへばり付いた「牡蠣」
DSC09594a.jpg

※湾を挟んで化学コンビナート群と潮干狩りの、のんびりしたコントラスが良い

木更津 江川海岸→ http://www.egawa-gyokyou.or.jp/shiohigari.htm


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

花見の風景を撮りました~所沢 航空公園の桜~ [小さな旅]

aDSC08985.jpg
◆桜咲く航空公園から所沢の高層ビル群を望む(Apr.9)

先週の土曜日(Apr.7)、SSCC生きがい学科(12期生)の有志で、隣接する所沢市にある航空公園駅東口(西武新宿線)の“所沢航空記念公園”に行きました。

bDSC08896.jpg

◆好天気に恵まれた昨日(Apr.9)撮影したものです

しかし、この日は花見には最悪の天候に見舞われ、曇り空と強風、そして何よりも4月にしては花冷えを通り越して、冬のコートを羽織るも寒さの中でブルブル震えながらの宴でした。が、桜は満開とはいえませんが、この寒さにもめげず健気にも美しく咲きほころんでいました。

bDSC08905.jpg

◆春霞ながら青空をバックに撮りました

航空公園の花見の風景を撮りたくて、好天気に恵まれた昨日(Apr.9)に再び行って来ました。平日にしては結構賑わっていましたが、一人歩きで会ったことと、出店のテントも撤去されていたり航空発祥記念館が閉館だったりして何となく寂しい感じでした。

bDSC08900.jpg

一人歩きのわびしさに輪をかけてたのは、どこからとも流れてくるソロのアルトサックスの音色でした。エディット・ピアフの愛の賛歌やザ・ピーナッツのウナ・セラ・ディ東京は気だるく滅入る様な雰囲気にさせられました。

aDSC08962.jpg

◆気だるくもわびしく流れていた音楽は、この紳士が演奏されていたのでした

bDSC08891.jpg
bDSC08893.jpg

aDSC08956.jpg

◆日本庭園「彩翔亭」の敷地に咲いていました

aDSC08972.jpg
aDSC08975.jpg
aDSC08927.jpg

◆SONY望遠ズーム(E 55-210mm F4.5-6.3 OSS SEL55210)+カールツァイス円偏光フィルターVF49CPAMをNEX-5に装着して撮影しました。

※これらの拡大して見たい人、その他の写真も見たい人はここをクリックしてください。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

所沢航空記念公園~桜に彩られた歴史的な飛行機~ [小さな旅]

aDSC08867.jpg
◆YS-11中型輸送機
先週土曜日(Apr.7)にSSCC生きがい学科(12期)のメンバーと、隣接する所沢市の航空公園へ花見に行きました。あいにくこの日は、曇り空で風が強くて気温も低くて花見としては最悪のコンディションでした。写真も撮りましたが、無風の晴れの日でさえ花を撮るのは難しいのに、強風に枝ごとなびく桜は、やはりまったく駄目でした。それで今日再び、写真を撮るためだけの目的で、航空公園に行って来ました。
aDSC08866.jpg
◆YS-11中型輸送機の説明プレート
*
aDSC08864.jpg
 ◆航空公園駅東口側から斜め前から撮ったYS-11の全容
*
aDSC08868.jpg
◆2008年に引退したゼロ系新幹線に似てると、かなり以前から思っていましたが・・・
aDSC08870.jpg
◆ここ、所沢が航空発祥の地だそうです
aDSC08916.jpg
◆タービンを模した航空発祥記念館
aDSC08917.jpg
◆C-46中型輸送機(天馬)
aDSC08921.jpg
◆C-46の尾翼付近を写す
aDSC08922.jpg
◆C-46の説明プレート
aDSC08942.jpg
◆C-46を正面から写す
aDSC08934.jpg
◆青空に高くそびえる放送塔

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

北本バードカービング展2012に行きました [小さな旅]

bird-carving-2.jpg
昨年に続き3月23日(金)、友人のOさんと北本バードカービング展2012に行って来ました。Oさんは経験10年以上のバードカービングの達人です。
*
これはOさん新作の「エナガ」です。
aDSC08695.jpg
◆エナガ
*
今回のバードカービング展で目にとまった作品の一部を、ミラーレス一眼レフカメラ(SONY NEX-5)で撮影し、Adobe Photoshop Element7.0で編集して掲載しました。
*
aDSC08699.jpg
◆クマゲラ
*
aDSC08700.jpg
◆ヤイロチョウ
*
aDSC08705.jpg
◆キレンジャク
*
aDSC08707.jpg
◆スズメフクロウ
*
aDSC08708.jpg
◆ヤイロチョウ
*
aDSC08711.jpg
◆ノゴマ
*
aDSC08714.jpg
◆ブッポウソウ
*
aDSC08715.jpg
◆コノハズク
*
aDSC08723.jpg
 ◆ルリビタキ
*
aDSC08735.jpg
◆ヤンバルクイナ
aDSC08743.jpg
 ※もっとほかの写真も見たい人はここをクリックしてください。
*
北本自然観察公園ホームページ

nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。