So-net無料ブログ作成
検索選択

立川談春作『赤めだか」を読んで談志の… [読書]

この本は先日ドラマ化されましたが、談春が17歳の時に談志との出会いから二つ目に昇進するまでを、立川志の輔、立川志らく、高田文夫などとの交流を、真打になってから小さん、米朝との交流などが描かれています。

破天荒でありながらも、弟子に対して厳しくも深い愛をささげた談志の偉大さがこの本を読んで伝わってきました。

赤めだかblg.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。