So-net無料ブログ作成
検索選択

万城目 学「鹿男あをによし」を読んで [読書]

鹿男あをによし.jpg

万城目学「鹿男あをによし」を一気に読んでしまいました。一気と云っても一般人に比べれば極めて遅読な私ですが、極上の生ビールがスーとのどを通って胃に到達する感覚で読み終わりました。

舞台は古都奈良ですが、1800年前の卑弥呼の時代に遡り現代に至るまでのファンタジー小説です。今まで奈良には何度も足を運んでいるので、この本を読んでいる間、日常から非日常へシフトした時間と空間の中にいるような感覚でありながら、それが非現実的な世界と現実的な世界を行き来しているような感じでもありました。後半部分の剣道の試合の場面は、実際に映像を見ているようなリアルな記述で、ハラハラドキドキさせられました。

読み始めてすぐに気が付いたのですが、何となく夏目漱石の「坊ちゃん」を彷彿させるストーリーと登場人物を感じました。この文庫本の巻末に故・児玉清さんの素晴らしい解説が載っていましたが、彼も全く同じことを書いていました。

...
IMG_0245a.jpg

写真は2011年2月朝、奈良公園を散歩中に撮ったものですが、特にタクシーに寄り添っている2頭の鹿の姿を改めて見ると、「鹿男あをによし」と通じるものを感じます。

m_IMG_0254a.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。